網戸の張り方・張り替え方法

【網戸の張り方・張り替え方法】

網戸の張り方、張り替え方法、張り替え用の網戸の選び方を初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆5月始めは網戸の張替えの季節

 毎年5月のゴールデンウィークを過ぎた当たりになると、気候も暖かくなり本格的な夏場の少し前の過ごしやすい時期が訪れます。

 この快適な期間の特に暖かい日の夕方に少しずつ顔を出し始めるのが誰もが苦手であろうと思われる「蚊」の発生です。

 その為、5月の始めには全ての窓の網戸をチェックするのが毎年の私のルーティンワークとなっております。

 尚、我が家の網戸は冬場も放置状態で置いてあるため、今年は2月頭に一度網戸の張替えを行いました。

 冬場のど真ん中にあたる2月に補修を行ったのは、子供たちが鬼ごっこをして遊んでいた際に網戸を突き破ってしまった為…
(⇒続きを読む)

◆まずは網戸の構造を把握しよう

 網戸の張替えを行なう際にまず覚えておくべきポイントは網戸の基本的な構造です。

 網戸は簡単に言えばサッシ部分と網戸、そして網戸を固定するゴムビートの3つで構成されております。

 サッシには網戸の周囲全体にストッパーをはめ込むための溝が設置されており、網戸の網は破れてしまっても簡単に交換できる構造となっている訳ですね。

網戸からゴムビートを外す【写真】

 この溝にあたる部分にゴム状の「ゴムビート」と呼ばれるストッパーをはめこむ事によって網戸の網の部分がサッシに固定…
(⇒続きを読む)

◆網戸の網を全てサッシから引き剥がす

 ゴムビートを全て外したらそのゴムビートは再利用するので、別の場所に保管します。

 但しゴムビートは劣化するので1年以上経過している場合は交換するのがベストです。

 ゴムビートを溝から外したら、網戸を全て一気に扉から引き剥がしていきます。

アルミサッシの溝に残る網戸のゴミ【写真】

 この際、網戸は既に経年劣化しており溝の部分だけちぎれて溝の内部に網戸の破片が残ってしまうケースが大半…
(⇒続きを読む)

◆アルミサッシの溝から3センチ以上の幅を確保

 綺麗に網戸のくずが掃除できたら、次はいよいよ網戸を張っていきます。

 ここからは少しだけ集中力が必要になります。

 まず張替え用に購入してきた網戸の網を全て広げ網戸の枠に合わせてセットします。

 この時、網戸は溝から3センチ以上はみ出るようにセットする点がポイントです。

※交換用の網はアルミサッシの溝から3センチ以上はみ出す幅を確保しておくこと(下の写真参照)

アルミサッシのコーナー部分の溝から【写真】

 この幅を事前に確保しておかないと、この後…
(⇒続きを読む)

◆コーナー部分を貼る際のポイント

 網戸の淵を軽く引きながら網戸を張っていくと、たわみが出やすいポイントや網がゆがみやすい部分がわかるかと思います。

 最も網戸の張り方が難しい部分は、角のコーナー部分にゴムビートをはめ込んでいく作業です。

 角部分の作業では網戸の網を斜め反対方向へ軽く引きながら網を張って…
(⇒続きを読む)

◆網戸のカットは太めのカッターで行なうこと

 網戸の網の余り部分の幅は一定ではありません。

 これは網戸の張替えではテンションを加えながら張り上げていく為、部分的に多く余る部分や少なく余る部分がどうしても出てくるためです。

 尚、この余りの切り落としで大切な事は溝にカッターを入れながら網戸をカットしていく事です。

 カットするのは当然、溝の内部に押し込んだゴムビートの外側の淵です。

 溝にしっかりカッターの刃を食い込ませて溝に沿って綺麗に網戸をカットしていきます。

 尚、網戸を切る際は切断部がガタガタしているので、多少太く強めの工作などで使用するカッターの刃…
(⇒続きを読む)

◆網戸の弾力性があるかチェックして張り替え完了!

網戸の張り替え後【写真】

 溝に沿って網戸の余り部分をカットしたら、張替えは完了です。

 張り替え完了後は網戸の面をかるく触れてみましょう。

 ここで弾力性があれば綺麗に張り替えが出来ている証拠です。

 逆にゆがみがあったり、張りがなければ、網戸はうまく張り付け出来ていない証…
(⇒続きを読む)

◆網戸の張り替えコストは1枚あたり200円程度が相場

 網戸の張り替えをDIYで自分で行なう場合のコストについて確認しておきましょう。

 網戸の張替えは自分で行なった場合、網戸1枚あたり200円〜300円程度で張替えをすることが可能です。

 網戸はロールで販売されていたり、1枚用の長さで販売されていたりします。

 自分の家の扉にあったサイズの網戸を準備…
(⇒続きを読む)

◆グレードの高い網戸よりも安い網戸を豆に張り替える

 普通の家庭では網戸の張り替えは1年から2年おきでOKだと思います。

 しかし、子供がいる家庭などでは網戸を子供たちが破壊してしまうことも多いものです。

 そのため想像以上に網戸の交換時期が早くなるケースもあります。

 我が家も3ヶ月で子供たちがしっかりと網戸の網を破壊してくれました。

 ですから、小さなお子様がいる家庭では頻繁に交換するとコスト…
(⇒続きを読む)

◆網戸の張り替えの豆知識

 網戸の張り替えはここまで解説してきた写真や説明を見ても解る通りそれほど難しい作業ではありません。

 ですから、「自分で網戸を張り替えようかな?」と思っている方も多いかと思います。

 網戸の張り替えの最大のポイントは、繰り返し述べている通り「たわみ」や「ゆがみ」を作らない事です。

 しっかりテンションをかけながらゴムビートを埋めていけば、素人でもプロと変わらず綺麗に仕上げることができます。

 小さい子供のいる家庭では網戸は1ヶ月ももたない事があるので節約の意味もこめて自分で交換できるといいですね。

 うちは裕福ではありませんので自分で出来ることできる限り何でも自分でやってみることにしています。

 そしていつも思うことは「やってみると意外と簡単」という事です。

 上手にできなくても安全に機能さえしてくれれば良い…
(⇒続きを読む)

◆網戸修理方法・小さな穴は補修シートで凌ぐ事も可能

 ここまでは網戸の張り替え方法について解説してきましたが、網戸を全面張り替えるには至らないような小さな穴が開いてしまったケースについても補足として説明を加えておきたいと思います。

 大きさで言えば500円玉程度の大きさの穴が開いてしまった場合は交換をせずに、対象部分の修理で対応することも可能です。

 尚、網戸の小規模の修理は網戸専用の補修シートを使用して修理を行います。

 私も張り替えるまでの一時的な応急処置として補修シートを使用した事がありますが、虫や蚊の進入をしっかり防止してくれるので補修シートの性能自体は経験上問題ありません。

 補修シートを使用した修理方法は、穴のサイズの約2倍から3倍の補修シートを準備し補修シートの中心部分に穴…
(⇒続きを読む)