網戸の張り方・張り替え方法

【網戸の張り方・張り替え方法】

網戸の張り方、張り替え方法、張り替え用の網戸の選び方を初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆網戸の張り方・張り替え方法の解説(もくじ)

◆まずは網戸の構造を把握しよう

 網戸の張替えを行なう際にまず覚えておくべきポイントは網戸の基本的な構造です。

 網戸は簡単に言えばサッシ部分と網戸、そして網戸を固定するゴムビートの3つで構成されております。

 サッシには網戸の周囲全体にストッパーをはめ込むための溝が設置されており、網戸の網は破れてしまっても簡単に交換できる構造となっている訳ですね。

網戸からゴムビートを外す【写真】

 この溝にあたる部分にゴム状の「ゴムビート」と呼ばれるストッパーをはめこむ事によって網戸の網の部分がサッシに固定されているのです。(※ゴムビートは写真で白く見えているゴムのことです)

◆ゴムビートの外し方の手順

 網戸の張り替えでは、まず、このゴムビートを全てサッシ部分から外していかなくてはいけません。

 尚、このゴムビートを外す時は上記の写真にも掲載しているように先端の尖ったアイスピックのようなドライバー?(工具の名前がよくわかりません)を利用すると便利です。

 やり方はとても簡単です。

@ゴムビートの中心に先端を差し込む
A手前に引くように捻って溝から外す
B外れたら指でゴムビートをもち全ての溝を外す

 まぁ単純に言えばこれだけです。

 外してみるとわかりますがゴムビートは扉の周囲を囲める結構な長さとなっており1本のゴムとなっております。

 新しく網戸を購入してきた場合は、交換用のゴムビートがついていないケースがほとんどなのでゴムビートの劣化が確認される場合は、網戸の張替え時に合わせて交換してしまうと良いでしょう。