網戸の張り方・張り替え方法

【網戸の張り方・張り替え方法】

網戸の張り方、張り替え方法、張り替え用の網戸の選び方を初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆網戸の張り方・張り替え方法の解説(もくじ)

◆グレードの高い網戸よりも安い網戸を豆に張り替える

 普通の家庭では網戸の張り替えは1年から2年おきでOKだと思います。

 しかし、子供がいる家庭などでは網戸を子供たちが破壊してしまうことも多いものです。

 そのため想像以上に網戸の交換時期が早くなるケースもあります。

 我が家も3ヶ月で子供たちがしっかりと網戸の網を破壊してくれました。

 ですから、小さなお子様がいる家庭では頻繁に交換するとコストもかかります。

 網戸も色んなタイプのものが出てきておりかなり高額なものも見ますが、高額のグレードの高い網戸を使用するよりも安い網戸を豆に張り替えるという考えのほうが小さな子供がいる家庭では無難な選択だと思います。

 高級な網とは言え、破れてしまっては意味がありません。

 まぁ個人的な意見ですが今回は特に体感したのでご参考までに(^^"

◆網戸に記載されているメッシュとは?(豆知識)

 網戸の種類は網の目の細かさや、素材によって多くの種類に分類されております。

 また花粉対策用の網戸やとても小さな虫の進入も許さないほどの細かいメッシュ構造の網戸までその種類は多種多様です。

 素材としては工業用に利用されているステンレス製の網戸やグラスファイバー製の頑丈な素材を使用したネットまで販売されております。

 住宅用で使用するネットはここまで剛性が必要ではありませんが、網の目はある程度細かく最低でも蚊の進入を食い止めることができる程度の網の目のサイズであることが大切かと思います。

網戸の網の目のサイズ・メッシュ【イラスト図】

 この網の目の細かさは販売されている網戸の説明部分に20メッシュや24メッシュ、26メッシュという数字として記載されております。

 このメッシュは1インチ単位で縦横何本の糸が通っているかを示す指標であり、数が大きくなるほどキメの細かい網であるという事になります。

 今回の我が家で使用している網戸は24メッシュですが、20メッシュ程度でも蚊の進入は防止できます。

 逆にあまり細かくなると通気性が損なわれる欠点がある為、交換用の網の選択はこれらの基準を加味して自分の状況に合わせて判断していくのが基本です。