網戸の張り方・張り替え方法

【網戸の張り方・張り替え方法】

網戸の張り方、張り替え方法、張り替え用の網戸の選び方を初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆網戸修理・補修方法の解説(もくじ)

◆網戸修理方法・小さな穴は補修シートで凌ぐ事も可能

 ここまでは網戸の張り替え方法について解説してきましたが、網戸を全面張り替えるには至らないような小さな穴が開いてしまったケースについても補足として説明を加えておきたいと思います。

 大きさで言えば500円玉程度の大きさの穴が開いてしまった場合は交換をせずに、対象部分の修理で対応することも可能です。

強力網戸補修シート 大判

 尚、網戸の小規模の修理は網戸専用の補修シートを使用して修理を行います。

 私も張り替えるまでの一時的な応急処置として補修シートを使用した事がありますが、虫や蚊の進入をしっかり防止してくれるので補修シートの性能自体は経験上問題ありません。

 補修シートを使用した修理方法は、穴のサイズの約2倍から3倍の補修シートを準備し補修シートの中心部分に穴が来るように貼り付けておくだけです。

網戸修理・補修方法【イラスト図】

 補修後の修理部分の見た目は正直良くはありませんが全く気にならないレベルです。穴が開いたまま放置しているよりはいいでしょう。

 網戸専用の補修シートは粘着力が強く簡単に誰でも修理ができるのが大きな利点です。

◆補修シートによる修理は網戸を張り替えるまでの一時的な応急処置

 網戸の小さなほつれや、穴であれば前述したように補修シートによる対応が可能です。

 しかし、補修シートによる一時的な修理では網戸全体の強度は戻らない為、春先の強い風が吹く時期はほつれ部分から穴が拡大してしまったり、補修シートが剥がれてしまうようなケースも出てきます。

 その為、補修シートによる修理は網戸を張り替えるまでの一時的な応急処置と考えておくと良いかと思います。

 部分的な修理を行った場合は、その年度の5月〜梅雨明け時くらいには、新しい網戸に張り替えておくことをお勧めします。

 尚、販売されている補修シートの価格は300円程度で大きさも様々です。簡単にカットもできるので選ぶ際はやや大きめと感じるサイズの補修シートを準備しておけば問題ありません。

 初夏シーズンから秋口までは近所のホームセンターでも手に入るはずですから、網戸の一時的な補修が必要な場合は探してみ下さい。