網戸の張り方・張り替え方法

【網戸の張り方・張り替え方法】

網戸の張り方、張り替え方法、張り替え用の網戸の選び方を初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆網戸の外し方・外れ止ロックを解除する手順の解説(もくじ)

◆網戸が窓枠から外れない!外れ止めロックを確認しよう

 網戸の張り替えを行う際に、交換用の網戸の網を準備し、ゴム止めも専用ローラーも準備したにも関わらず肝心の網戸が窓枠から外れない!

 そんな情けない経験をお持ちの私から補足として網戸の外し方についても解説しておきたいと思います。

 但し、ここで紹介する網戸の外し方はアルミサッシタイプの窓枠にはめるごく普通の家庭用の網戸の外し方となります。

◆網戸の外し方の手順

 まず基本的な引違い窓タイプの網戸の外し方は、居室内にある障子を外す時と同じ要領で網戸の両端をしっかりと持ち上部に持ち上げながら軽く手前に引くことで網戸は外れます。

 しかし、近年の網戸は窓枠から簡単に網戸が外れたり、隙間が生じないようにサッシそのものに外れ止めがついており、ドライバーで外れ止めを外さないと網戸を外すことができない構造になっている製品も多くあります。(我が家のタイプです)

網戸の外し方手順@A【イラスト図】

 外れ止めロックが付いている網戸サッシの場合、網戸サッシの両サイドのレール上部にプラスチックの外れ止めが設置されているので確認してみましょう。

◆ネジを緩めて外れ止めを事前に外しておくこと

 この外れ止めはネジで固定されており、図の@を見ても分かる通り上部のレール部分に突き出た形状となる事で、仮に網戸を持ち上げようとしても外れ止めがレールに引っかかり網戸が外れない構造になっております。

 ですから、網戸の交換や掃除を行う際はこの外れ止めロックをプラスドライバーで外しておく必要があるのです。

 ドライバーで一回りか二回り程度回すとロックは外れ、図のAのように網戸サッシ内に外れ止めが収まります。

 私は初めて網戸の交換を行おうとした際に、実はこの段階で結構な時間を費やした経験がありますのでご参考となれば幸いです。

◆網戸の張替え後は外れ止めロックを忘れずに

 網戸の外し方についてここまで解説してきましたが、最後に念の為確認です。

 網戸の張り替えや修理が完了後に網戸をはめる際は、外れ止めロックを解除した手順と全く逆の手順を行う必要があります。

 やる手順はシンプルに網戸サッシをレールにはめた後で、外れ止めのプラスチックを上部へ押し上げた状態でプラスドライバーでネジを締めるだけ。

 これで網戸のロックがかかり窓枠から簡単に外れなくなります。

 何枚もまとめて張り替えや交換を行うとついつい忘れがちになりますので最終点検をお忘れなく。